介護職へ転職する際の面接通過のコツ

求人への応募を済ませ、書類選考を通過したら面接が待っています。まずは身だしなみについて。一般企業ではスーツで行くのが一般的ですが、介護施設の場合はスーツで行く必要が無い場合も多いです。オフィスカジュアルと呼ばれる清潔感のある装いで臨めば良いでしょう。髪型やメイクもあまり派手にならないよう、清潔感を意識しましょう。

また、履歴書に記入した志望動機や職務経歴書に記入した今までの経験やアピールポイントなどをしっかりと頭に入れて臨みましょう。書類に書いてある内容と、面接で答える内容に相違があってはいけません。面接の場というのは、自分自身が試される場所です。緊張しておどおどしてしまいがちですが、どうしてもここで働きたいという意欲をしっかりと表現しましょう。

転職回数が多い場合などは、今までの職場の退職理由を聞かれる場合もあるでしょう。答えにくい内容ですが、転職回数が多いということはそれだけ経験も豊富だというアピールにもなります。決して、今までの職場の不満を言ってはいけません。不満を言ってしまうと、また同じ理由で辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

今までの職場ではできなかったことが貴社では叶えられるというように、前向きなアピールに変えていきましょう。何事も前向きな理由に変えていくことで、面接官にもやる気を感じてもらえることができるでしょう。答えにくいことほどおどおどして答えがちですが、しっかりと前を向き自信を持って答えることが大事です。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント