介護職内での転職は円満退職が大事

「今の職場を退職したい」そう思って転職活動を開始し、晴れて希望の転職先が見つかったら、いよいよ今の職場に退職の意思を伝えなければいけません。体調不良や家庭の都合でもない限り、次の就職先が決まってから辞める場合がほとんどでしょう。

転職をするということは、今の職場に何かしらの不満があるからに相違ありません。しかし、いくら不満があったとしても今までお世話になった職場です。恩を仇で返す返すような辞め方をしてはいけません。まずは、退職の意思を伝えるタイミングですが、就業規則がある場合は何日前までに伝えるなどの規定があるはずです。それに従うのが良いでしょう。

介護の職場は人手不足の場合が多くシフト制での勤務がほとんどです。そのため、急に辞められるとシフトが回らず今いる職員の負担が増加してしまいます。そうなると、無責任な辞め方をした人というレッテルを貼られてしまいます。辞めるからどう思われてもいいと思うかもしれませんが、そこは最後まで責任を持って勤務するのが円満退職に大切なことです。

また、辞める理由についても不満を話すことは避けましょう。いくら腹立たしい理由があったとしても、正直に話して得になることは一つもありません。家庭の事情などやむをえない事情などを退職理由とするのが差し障りないでしょう。辞めたからといっても、いつどこで顔を合わせることがあるかもしれません。後々嫌な思いをしないためにも円満退職を目指しましょう。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント