効果的な自己PRの書き方

介護職への転職を検討されている人の中には、「自己PRは何を書けばいいの?」「どんな自己PRをすれば、採用されやすいの?」というように、自己PRで悩んでいる方が多いのではないでしょうか。介護職への転職時に自己PRする時の流れは、次の4つを意識するとうまくいきます。まずは、自分の強みについて触れましょう。自己PRは、自分の強みをアピールする場です。「失敗しても長く引きずらない」「誰に対しても明るく接することができる」など、どんな些細なことでも構わないので、自分の強みをアピールしましょう。

次に、なぜ介護職に転職したいと思ったのかその理由を挙げましょう。「自分の明るさを活かせると思った」「マイペースな性格だからこそ丁寧な仕事ができると思う」など、できるだけ具体的に伝えるのがおすすめです。転職を希望する職場の見学をしている場合は、より具体的なエピソードを交えると効果的な自己PRになるでしょう。

転職理由を挙げたら、自己PRに繋がりそうな経験や実績を付け加えましょう。まったく違う業界や職種で働いていた人であっても、チームリーダーや係の仕事を通して得たことを役立てられるはずです。チームリーダーの場合なら、何人をまとめていたのか、何年していたのか、どんな成果が出たのかを数字で表せるとより効果的です。

自己PRの最後は、自身の今後の目標について触れて締めくくりましょう。どんなキャリアを築いていきたいのか、どんな仕事をしたいのかについて、将来を見据えて書くことが大切です。やる気をアピールするために取得したい資格やなりたいポジションについても取り入れるのがおすすめです。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント